口唇裂 抑制筒

口唇裂 抑制筒(抑制帯)
CIMG2953
口唇裂の手術の後は、赤ちゃんの肘を曲げないために
抑制筒をします。
抑制筒の目的は↓
口元の傷に刺激しないため、
指しゃぶりおもちゃを口元に入れないようにするため。

わが家のKくんは、もともと指しゃぶりをすることはほとんどなかったのですが、
おもちゃを口元に持って行って
チュッチュっとするのは好きでした。
なので、術後にこのチュッチュっとするのができなくなったのは
ストレスだったようです(;_;)

でも、子どもって適応能力が高くって、
すぐに抑制筒にも慣れ
翌日には「こんなもんか」といった表情でした(^_^;)
諦めが早いと言うんでしょうか…

抑制筒の作り方
成育医療センターでも昭和大旗の台病院でも
外来で説明書きを頂けました

Kくんの場合、
入院中は病棟の抑制帯を貸して頂けたので
(子どもが点滴を抜かないための抑制帯)
実際に手作り抑制筒を使ったのは
退院日からでした(・∀・)

作り方は改めて書きますね♪