口唇裂 エコー

kくんは3人目の子ということもあって、
検診もそれほど緊張感もなく(^_^;)過ごしていました♪
写真
16週には男の子だと分かって、順調順調!
ところが妊娠28週の時に「口唇裂がある」ことを告げられ、正直かなりショックでした。

口唇裂があることよりも、
それ以外に何かあったらどうしよう…という思いの方が悩みを強くしていた気がします。

幸い、主人も家族も皆んなわたしを支えてくれて、本当に助かりました。。。

医師に「口唇裂はあるのはわかるけれど、口蓋裂まではこのエコーでは分からない」と、そして
赤ちゃんが母乳を飲めるか、哺乳瓶で飲めるか、
 それとも口唇口蓋裂用の乳首が必要かは生まれてみないと分からないから
 用意しておいたほうがいいと思います。」と言われたのを覚えています。


今はネットで口唇口蓋裂ベビー用の哺乳瓶が買える便利な時代!
探し歩きまわらなくていいので本当に便利ですね(・ω<)


哺乳瓶を買ったり、手術の情報を集めていると
この頃の私は、
どんどんネガティブになる自分と、
わたしが頑張らなくちゃと前向きになろうとする自分がいて、
すごく不安定だったように思います。


実際、この頃の私を振り返って、
主人は「すごく情緒不安定だった」と言っています(;´∀`)
仕方ないですよね!


検診でエコーを診てもらうたびに
「口唇裂はなかったです」と言ってもらえないか期待する自分もいましたが、
そこは吹っ切って、向き合えるようになってからが
楽になりました!

今では可愛くて仕方がないkくんです(・ω<)